介護・ITコーディネータ・税理士 マリリンの写真日記(主に食事(^^ゞ)

ブログトップ

<   2010年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧

豚の角煮、煮卵

豚肉は3時間下茹でしたので、お箸で持てないぐらいトロトロです。
c0037336_2155522.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-30 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

鰈の煮付け

c0037336_1232439.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-27 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

はらロール・表参道店

事務所では、毎日3時に『おやつタイム』があります。(^O^)

今日は、近所に出来た美味しいロールケーキのお店で買ってきてくれるとのこと。
迷う私に、Kさんは私にだけ2つ買ってきてくれました。

それでは悪いので、Kさんに食べたことがないと言うアールグレイを1/3食べてもらうことにしました。

<これが私の配給分です。>
手前が期間限定のイチゴ。
奥がアールグレイの紅茶です。
c0037336_239210.jpg

まずは、アールグレイを。
c0037336_23221581.jpg

「はらロール」と言うので、原宿のロールケーキ「原ロール」かと思ったら、
神戸の「原とうふ店」が営むので「はらロール」だそうです。

お豆腐やさんのロールケーキらしく、豆乳たっぷりのクリームはさっぱりしていて、とても美味しいです。
たくさん入っている割には、上品な甘さなので、いくらでも食べられそうです。
スポンジは米粉で作られているそうです。

続いて食べた、イチゴが、これまた美味しい!
「こっちも食べてみて」と、Kさんに一口。
贅沢な『「おやつタイム』でした。

詳細はこちらを→はらロール
[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-26 23:59 | お店紹介 | Comments(0)

スクロヴァチェフスキ・感動のブルックナー交響曲第8番

読売日本交響楽団 第491回定期演奏会

指揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

◆ブルックナー/交響曲第8番

会場:サントリーホール  19:00開演
c0037336_2304337.jpg

この日は、楽しみでもあり、とうとう来てしまったという日でもありました。
スクロヴァチェフスキさん、読売日本交響楽団・常任指揮者としての最後のコンサートです。

5時に事務所を出て、今週はこの日の為に毎夜CDを聴き寝不足だったので、
電車であっちに行ったりこっちに行ったりしながら、20分の仮眠を取る。
これでスッキリ!
コンビニでお握りを1つを買い、サントリーホールへ向かう。
28分前着。

<開演28分前のサントリーホール>
c0037336_2255197.jpg

ロビーでお握りを食べていると、
隣に座ったおじさんが、「S.Sのおっさんの時だけは、読響も満席や」(S.Sのおっさん(・_・)エッ......?)
確かにイニシャルはS.Sです。
私、「スクロヴァチェフスキさんは、人気ありますか?」
隣のおじさん、サンドイッチを食べながら、「人気あるな。S.Sのおっさんの時は、満席や」
私も気をよくする。

その後、ザールブリュッケン放送響を率いてのベートーベン1~9、ブルックナー全曲?(この頃はスクロヴァチェフスキさんを知らず行っていませんが)のコンサートやN響を指揮したブルックナーの話で話が弾む。

いつも感動を分かち合う人がいないので、こんな話しが出来るのも楽しい。

そうこうしている内に、10前。
2度目のトイレに行く。
オーケストラの方々よりも、緊張している私。(^O^)

会場には、正指揮者の下野竜也さんの姿も見られた。

そして演奏の始まり。
隣の同年代のご夫婦のご主人の方が身を乗り出すように姿勢を正して聴く体制に入る。
かなりのファンのようだ。

一楽章、いい感じで始まる。
二楽章途中から、この日の演奏が成功裏に終わるという確信を得る。いつもそうですが。
そして三楽章、ここはこの世のものとは思えない美しいところ。
ハープがポロポロポロポローンと入ったかと思うと、バイオリンのソロが。
本当に美しい。
かと思うと、のけぞるような迫力のある演奏。
そして四楽章。最高でした!
この日は管楽器が本当に良かったと思う。
先週の、ドン・ファンの時は管楽器の横の席だったからか、少しうるさいほどの音量にも感じたが、
この日は、金管楽器が抑制がききつつも、しっかり音を出していた。
金管楽器はごまかしが利かず、難しい楽器だと思うが。
静かなところも、うまく吹いたと思う。
随分練習されたのでしょうね。
(以上、超初心者の感想で済みません。)

LA席では、オペラグラスでづっとスクロヴァチェフスキさんの動きを追っている人もいる。

このまま続い欲しいと、みんな思ったことでしょう。
最後は、その望みもかなわず大きく盛り上がって終了。
ゆっくりタクトを下ろすスクロヴァチェフスキさん。

ちょっと間を置いて、
ブラボーの声も凄かったけれど、それをかき消さんばかりの拍手。
全員が二倍速の速さで手を叩いている音量である。

カーテンコール1回目・・・各パートの方をスクロヴァチェフスキさんが
             称える。
2回目・・・通常の3倍はありそうな大きな花束が贈られる。
      満開の桜と真っ赤なバラ。
      持ちきれず、バイオリンの方に託すも、バイオリンの方達も 
      バイオリンをかかえ右往左往という感じ。
      それで、指揮台の上に。
3回目・・・それを持ってはみたが、手にあまる感じで、またバイオリン
      の女性の方へ。
      最後は何とか持って引き揚げられる。
4回目・・・もう勘弁して下さい。とばかりにコンサートマスターの藤原
      さんの手を取って、引き揚げられるスクロヴァチェフスキさん。

1時間半の大作を振られた後の、何回ものカーテンコールはさすがにお辛いようである。

それでも、拍手は鳴りやまず、総立ち。
みんな前に出てきて、私は前から3列目の席でしたが、ステージが見えないほどでした。

そして2回ほど拍手に応え。コンサートは終了しました。

これで、最後だったので、悲しくなるかなと思ったのですが、
スクロヴァチェフスキさんらしい迫力ある終わり方、また淡々としたお姿に、
四楽章のラッパの音を鳴らしながら、意気揚々を帰ってきました。

<終演後のサントリーホール>
c0037336_2294775.jpg

まさに、会場全体が一つになった1時間半。
思い出に残る素晴らしいコンサートでした。
スクロヴァチェフスキさん、3年間色々な曲を聴かせて下さってありがとうございました。

また桂冠名誉指揮者としての10月を楽しみにしています。
[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-26 23:59 | コンサート | Comments(2)

牛薄切り焼き、人参のポタージュ

●「牛薄切り焼き」
 油でさっと焼いて、大根下ろしで食べました。
 一人二切れあてです。(^O^)
c0037336_20393495.jpg

●「人参のポタージュ」
c0037336_20404289.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-25 23:59 | 日々の食事 | Comments(2)

親子丼

c0037336_22445810.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-24 22:44 | 日々の食事 | Comments(2)

大とろ丼用・まぐろ刺身、鯛のカマ焼き、蛤のお吸い物

●「大とろ丼用・まぐろ刺身」
c0037336_22164978.jpg

●「鯛のカマ焼き」
c0037336_22115546.jpg

●「蛤のお吸い物」
c0037336_2212784.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-23 22:08 | 日々の食事 | Comments(0)

カレーライス、筍と人参の煮物、蕪の浅漬け

●「カレーライス」
 余ったパセリも、振りかけてみました。
c0037336_22181974.jpg

●「筍と人参の煮物」
c0037336_22183845.jpg

●「蕪の浅漬け」
c0037336_22185266.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-22 22:16 | 日々の食事 | Comments(7)

ミニ・ラーメン

麺が見えませんが。(^^ゞ
c0037336_22104852.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-21 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

豚ステーキ、海老と筍のお汁

●「豚ステーキ」
c0037336_2054337.jpg

●「海老と筍のお汁」
c0037336_20542087.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2010-03-20 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)