介護・ITコーディネータ・税理士 マリリンの写真日記(主に食事(^^ゞ)

ブログトップ

スクロヴァチェフスキ指揮 ショスタコーヴィチ・交響曲・第1番、ブルックナー・交響曲・第3番 (その3)

<続きです>

<ブルックナー・交響曲・第3番>

ショスタコーヴィチが、あまりにも良かったので、その勢いで、ベルリンフィルでの演奏を越えるのではないかと期待してしました。

そう甘くはないですね。越える迄にはいかなかったです。
私は、ベルリンフィルでの演奏は、現地で聞いた訳ではなく、インターネットの「ベルリンフィル・デジタルコンサートホール」でライブ中継を見ました。
48時間クーポンだと9.9ユーロ(1,000ちょっと)で見られます。
現地と同時に、見られる・聞けるのですから、凄い時代になったものですね。
但し、時差の関係で、夜中の3時からの演奏でした。
大音量で聞けないのも残念なことでした。
48時間有効ですから、終わってから見ることも可能です。
その時の映像もアーカイブとして残っています。
インタビューも放映されていて、スクロヴァさんがかなりお話をされる方というのもわかりました。(^O^) 
ベルリンフィルでの演奏は、「ましましの音楽日記」さんのブログを読ませて頂くと、アーティスト同士(指揮者とオーケストラ)のしのぎ合いもあり、なかなか思うように指揮をさせてくれないじゃじゃ馬(ベルリンフィル)を乗りこなすのも大変だったようですが、自らの指揮を貫き、それはそれで面白い演奏だったそうです。
私には、そこまで分からなかったですが。

こうして聞き比べてみると、パソコンの数千円のスピーカーからでも、3楽章の盛り上がるところから綺麗なメロディーの繰り返しのところなど、ベルリンフィルはさすがに、うまいと思います。
また、金管楽器が安定して安心して聴けます。
数日前にアンケートに答えて48時間クーポンをもらい聞いてきたばかりでしたので。(^^ゞ

そして、スケールの大きなコーダを迎え、ここのところは何度聞いても良いところです。
思わず天井を仰ぎ、がしかし、またフライングの拍手があるのではと頭をかすめ、
イヤイヤそんなことはと、曲に浸ろうと・・・、本当に壮大で良いところです。
と終わったことろ、すかさず、1階右側前の方で、今度は、前よりも多い人数の拍手が。(-_-メ)
ブルックナーの7番か8番のDVDで、フライイングの拍手にスクロヴァさんが顔をしかめていたのが目に浮かびます。

まぁ、新しいスクロヴァファンが大挙して聞きに来てくれたということですね?
年末に、久しぶりにN響で振られたので、そこで良さを認識された方達でしょうか?

いづれにしても、2曲揃えてくるのは大変なことと思いますが、今日は両方とは素晴らしい演奏だったと思います。

帰りがけにも、「良かったでしょう!」などと話される方達があちこち。
ベートーベン、チャイコフスキーも楽しみです。

<終演後のサントリーホール>
c0037336_22215923.jpg

[PR]
by sonoda0820 | 2012-03-08 22:27 | コンサート | Comments(0)