介護・ITコーディネータ・税理士 マリリンの写真日記(主に食事(^^ゞ)

ブログトップ

スクロヴァチェフスキさんの月命日(追悼)


スクラヴァチェフスキさんが亡くなられて、1か月が過ぎました。

寂しさがジワジワとやって来ます。

読響から送られてくるコンサートのお知らせを見ては、「もうここに
お名前が載ることはないのだな~」と。
でも、必死に名前を探していたりする自分がいます。

TVのコマーシャルなどでかつて演奏された曲が流れると、寂しく悲しい気持ちと
懐かしいような、当時のわくわくした気持ち、幸せな気持ちが織り混ざった
何とも言えない思いが押し寄せてきます。

どなたかが、「私の人生の師でした。」と書いていらっしゃいましたが、
私にとっても、スクロヴァさんは「人生の師」であったと思います。

亡くなられて、それがどれだけ大きなものであったか実感しています。

93歳の昨年の10月まで指揮をされ、11月に脳梗塞の手術。
それにもかかわらず、今年5月の読響のコンサートに向けてリハビリを続けておられたとか。
コンサートは、チケット発売直前の1月に中止となりましたが、その1か月後にお亡くなりになられるとは。

師は、最後まで生きる意味を示して下さいました。
そこまでされたことに敬意を表します。

「このオーケストラ、こんなにうまかったのだな。」と、オーケストラを引き立たせ、
「この作曲家、こんなに偉大だったんだ。」と曲の偉大さ素晴らしさを伝えて下さったことが何度あったことでしょう。

常に若々しく元気で、進化を目指した演奏。

お元気だったから、ゆっくり過ごされれば、もっと長生きされたのでしょうが、
精力的に演奏活動をされたことで、多くのものを与えてもらいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

ご冥福をお祈り致します。



<追悼番組>

4月2日(日)午後9時~、NHK・Eテレ「クラシック音楽館」

<スタニスラフ・スクロヴァチェフスキさんをしのんで>

序曲「レオノーレ」第2番 作品72(ベートーベン)

管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ
(1996年2月3日 NHKホール)


*N響とは、ベートーベン第5番(運命)を放映した欲しかったですが、
 叶わなかったです。
 いつの日か、ぜひ放送して頂ければと思います。
[PR]
# by sonoda0820 | 2017-03-21 20:29 | コンサート | Comments(0)

酢ダコ・鮑・サーモン・ウニ

鮑とサーモンは、TVショッピングで買った、冷凍品の残り。
ウニは、数の子を買いに行ったアメヨコで、美味しそうだったので、
800円のところを、500円に値切って買ったものです。
c0037336_205754.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2017-01-02 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

お雑煮、お煮付け、数の子、唐墨他、紅白なます、パイナップル栗きんとん、黒豆 、慈姑の皮芽金平

c0037336_20115164.jpg
c0037336_2012788.jpg
c0037336_20121957.jpg
c0037336_20123961.jpg
c0037336_20131062.jpg
c0037336_20133033.jpg
c0037336_20134617.jpg
c0037336_201435.jpg
c0037336_20142684.jpg
c0037336_20144119.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2017-01-01 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

お節

ほぼ1年ぶりの投稿で、やり方が分からない~。(-_-メ)
デジカメの電池が切れて、こちらも電池の入れ方が分からない~。(-_-メ)

やむなくスマホで撮って・・・
今度はスマホからPCへ写真がうまく入らない~。(-_-メ)
何とかスマホからPCへメールで送って、載せてみます。
c0037336_2328497.jpg
c0037336_2328462.jpg
c0037336_2329578.jpg
c0037336_23292620.jpg

まぁまぁかな?
最後まで、大変な年でした。

皆様、良いお年を!
って、誰も見てないかもしれない・・・
[PR]
# by sonoda0820 | 2016-12-31 23:31 | 日々の食事 | Comments(11)

スクロヴァチェフスキ・ブルックナー第8番・NHK放送

1月21日に東京芸術劇場で収録された
スクロヴァチェフスキ指揮、読売日本交響楽団演奏の
ブルックナー交響曲第8番が、今日(3月13日)午後9時から
NHK(Eテレ)「クラシック音楽館」で放映されます。

------------------------------------

クラシック音楽館

現代最高峰のブルックナー指揮者として知られる92歳の巨匠が聴かせる至芸です。
末長く語り継がれるであろう熱演をお見逃しなく。

------------------------------------

テレビで聞くとどう感じられるか楽しみです。
後半には、14年前の演奏も見られるようです。
こちらも楽しみ。(^O^)
[PR]
# by sonoda0820 | 2016-03-13 17:49 | コンサート | Comments(1)

スクロヴァチェフスキのブルックナー交響曲第8番

読売日本交響楽団 特別演奏会《究極のブルックナー》
■2016年1月21日(木)
■東京芸術劇場
■18:00開場 19:00開演
■指揮=スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ

c0037336_1024876.jpg

強い意志を感じられた演奏でした。

昨年のザンクト・フローリアン修道院での演奏では、コンサートマスターの
手を借りて指揮台に上がられ、それでも90分振られたとのこと。

来日自体を心配し、毎日読響のホームページを見ていましたが、
コンサートの前日に、無事来日され立ったままリハーサルをされて
いることが載りホッとしながら会場に向かいました。

登場の足取りはかなり遅くなっておられましたが、
お一人で指揮台に上がられました。
この時点で、もう感激です。(涙がうっすら)

1楽章の半ば頃までは、指揮台から落ちるのではないかとか
強く振る時に後ろのバーを掴むのですが、つかみ損ねたらなどと
心配をしましたが、心配をよそに力強く指揮をされています。
そこにあるのは、まさにスクロヴァチェフスキのブルックナー。
いささかの衰えもありません。
強い意志で臨まれたと感じる力強い演奏です。

今回の席は、前方のステージに向かって右側。
前より、ヴィオラ軍団の演奏がうまいなと感じることが多々ありましたが、
それを横から見る位置です。
クラシック初心者の私は、耳だけでなく目でも聞くので、
間近でみるヴィオラの(特に主席の鈴木さんでしょうか)
動きは、見ているだけで心動かされるものがありました。
時に足でリズムを取り、足を上げたと思ったら踏ん張って
身体が音楽になっています。
上手な方は身体全体で演奏されますが、その極みと言った感じです。
驚いたのは、背中に感情までもが現れているではないですか。
そうこうする内にハープがポロポロポロポロリンと入ったりしつつ2楽章終了。

3楽章は、美しい楽章です。
スクロヴァさんのファンになった当初は、例えばN響と演奏した運命・4楽章
のように激しく速いところが好きでしたが、最近は第九の3楽章などの
ようにゆっくり美しいことろが本当に上手だなと思います。
この楽章もその美しさを楽しみつつ、しかし激しいところもあるのではと
初めて気がつきました。
かなりな音量で演奏されている箇所があります。
普段、お茶碗を洗いながらとかウォーキングをしながらしか
聞くことがなかなか出来ないので、こうして通して生で聞くと
新たな発見があるものです。

4楽章。
出だしは、こんなに速かった?と一瞬思ったものの
繰り返された時は違和感なくあの迫力ある演奏が聞こえてきました。
途中、ブルックナーも喜んでいるだろうなと思いつつ、
ついにフルートがなり終わりを感じさせる場面なりました。
ここに来るといつももう終わってしまうという、もの悲しさを感じます。
そして終了。
見事、90分いつも通り細かい指示をだしつつ、かなり激しく
完璧なまでに振り切りました。
見事な92歳3ヶ月です。
(私の父は、92歳9ヶ月まで現役で仕事をしましたが、
この歳になると絶対に何ヶ月までは必須です。)
スクロヴァさんも、もうすぐ92歳4ヶ月の3ヶ月です。

この日にかけてきたことを強く感じる演奏でしたが
残念なことにタクトが降りる前に拍手が5.6人ありました。
演奏前にアナウンスもあったのに、惜しい結果になりました。
この日の演奏はNHKが収録にも来ていましたので、
本当に残念なことです。

前日、読響の常任指揮者を退任される折(6年前)の同じブル8を
ブルーレイで見てきましたが、読響メンバーも随分変わっています。
細かいところでは、気になるところもあったのかもしれませんが、
オケともに気迫のこもった感動的な演奏でした。

世に美しいとか上手な演奏はたくさんあるのでしょうが、
スクロヴァさんの演奏は、志が高く常に上を向かせてくれます。

読響の常任指揮者になられる1年前ほどから、全てのプログラムを
聞かせて頂きましたが、今日の演奏はその中でも記憶に残る
演奏になったと思います。

常に今回が最後になるかもしれないという思いで聞いてきましたが、
また、元気なお姿で聞かせて下さることを真に願います。

カーテンコールは、4回。
ソロカーテンコール、2回。
一昨年は、カーテンコールの際、個々のオーケストラを讃える
こともお出来にならないほど疲れていらっしゃいましたが、
今回は、それも見事になされました。
ソロカーテンコールは、1回行われた後、舞台袖の扉が閉じられ
聴衆も遠慮して拍手は少なくなりましたが、、それでも根強く
拍手される聴衆がいて、コンサートマスターの手を借りて
再度、聴衆にこらえられました。
[PR]
# by sonoda0820 | 2016-01-22 09:48 | コンサート | Comments(0)

お雑煮、お煮付け、数の子、パイナップル栗きんとん、紅白なます、黒豆

c0037336_17365256.jpg
c0037336_1737815.jpg
c0037336_17372170.jpg
c0037336_1737353.jpg
c0037336_17374611.jpg
c0037336_173845.jpg
c0037336_17381620.jpg
c0037336_173827100.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2016-01-02 17:38 | 日々の食事 | Comments(0)

お節

今年も何とか出来ました。
ヘトヘト~
毎年変わりばえしませんが、見ていただければ幸いです。
c0037336_22373778.jpg
c0037336_2238074.jpg
c0037336_22381487.jpg
c0037336_22382464.jpg
c0037336_22384041.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2015-12-31 22:39 | 日々の食事 | Comments(2)

牡蛎と海老とホウレン草のグラタン

c0037336_16263135.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2015-12-05 23:59 | 日々の食事 | Comments(0)

夕暮れの「浅草・あずまばし」付近

c0037336_165065.jpg
c0037336_166341.jpg
c0037336_1674718.jpg
c0037336_168151.jpg
c0037336_16101146.jpg

[PR]
# by sonoda0820 | 2015-12-04 16:50 | 生活情報 | Comments(0)